アドセンス
 

2007年02月05日

安眠、熟眠、熟睡方法を考える

熟眠、熟睡の取りやすさにも個体差があります。
さらに、入眠時の身体状態や精神状態、外部環境に依存するため、
睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも
状態による差が大きい。

そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されています。

入眠ニューロンは体温の上昇によって活動が亢進するため、
入眠前の入浴や入眠時に寝室を暖かくすることが有効であると
いわれています。

安眠、熟眠、熟睡の方法については、いろいろと考えて行きましょう。
posted by 斎藤 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 安眠、熟眠、熟睡方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32879980

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。